読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超初心者がウェブサービスを作ってみるぞ

何をどうやったらウェブサービスが作れるのかさっぱりぴーな僕がそれを作るまでの記録

Git、ハブじゃない方

どうも、超初心者です。

サーバーにGitをインストールしてやりました。プライベートリポジトリって奴です。

GitHubの様なGUIでは無いし、無印Gitなので、プッシュリクエストもできませんが、とても簡単にバージョン管理ができてしまうなんて、最高ですね。

ひとりで開発するんでこれで十分です。

 

世界の開発者の味方、オープンソース、素晴らしいですね。

 

ではでは

 

要件定義書の書き方|その前に#6

どうも、超初心者です。

アプリケーション開発の要、要件定義書を書きます。

 

と言っても、この記事では何も進みませんので、ご了承くださいませ。

 

要件定義書の正しい書き方ってどうなんでしょ。

ウェブには色々参考になりそうな情報が溢れてますよね。

僕も読みましたよ。たくさん読みました。けど、よー分からんのですわ。僕の理解力不足なのは違いないんだけど、正解が無さそうと言うのが半年学習した成果です。

 

プロのソフトウェアベンダーさんなんかも要件定義書は必須のドキュメントだから作ると思うし、納品物として決まっていそうですし、作るんでしょう。要件定義書。しかも上流工程だから、そこそこ単価の高い人が書くんでしょ?その辺の事情は詳しくないけど、ものの本にそう書いてありましたよ。

 

私が思うに、要件って使う人が出すんでしょ?作る側が書いて意味があるんすかね?どーなんですかね?

 

それとも、要件定義書を見ながら使う人と作る人が認識を合わせるんですかね。あーだこーだ言って赤ペン、蛍光ペンまみれにして、履歴だからって消さずに二重線したりしてみて、で結局、最初の要件を忘れちゃったりなんかして。

 

成果物を見返しても、何が言いたいの?何処が重要なの?美味しいの?みたいな笑

 

若しくは、要件定義書の目的って、出来上がったものが使う人の思っているのと違った時に、言った言わない論になった時の武器にでもするんですかね?

 

あと思ったのは要件定義書って21世紀になってもエクセルで書くのがかっこいい感じなんでしょうか?何処のウェブページみてもエクセルらしいフォーマットしか出てこないんですわ。

もっとかっちょいい業界標準ツールってものがあると思ってたよ。

誰かエクセルを否定してほしい。

 

そもそも要件定義っていう言葉が間違っちゃってたりして。

要件にも粒度があるだろうし、細かくなり過ぎるとそれって要件じゃなくて仕様だよ!ってなったり、粒がでかいと、使いやすいシステム みたいな意味のないコンセプトになっちゃうし。

ばーんと画面が出てログインできるねん!みたいなのが丁度いいのか、ユーザーIDを入力できるようになってる!みたいな感じがいいのか、さっぱりピーです。

 

ところで、ユーザーIDを入力できる、パスワードを入力できる、ユーザーIDとパスワードが一致したらログインできる

っていう要件定義書に意味や目的があるんですかね?

言わんくても分かるねん!って。

ユーザーIDとパスワードが不一致でログインできちゃうシステムなんてバグ以外でないんだから、こんな要件定義書を書くだけ無駄なんじゃないでしょうか?

日本の生産性悪いねーってアメリカ人に言われちゃうぞ。

 

次回ももう少し、要件定義書のあるべきを考えたいと思います。

 

ではでは。

開発の流れ#5

どうも、超初心者です。

 

一般的なソフトウェア開発って開発フローっていうのがあるんでしょ?

 

・要件定義 どんなものがほしいのか

・基本設計 こんな感じの画面や帳票や機能がありまして

・詳細設計 モジュール分割、DB設計、論理設計・・・

・コーディング

・テスト

うんぬんって

 

次回から、要件定義をやってみます。要件定義だけで、数か月はかかる予定ですね。

サンデープログラマですし、嫁のかまちょもあるし、これから春でイベントいっぱいあるし。

 

ではでは。

使用するツールや技術など#4

どうも、超初心者です。

僕がつくるウェブサービスを支えてもらう予定のツールや技術を雑多に並べてみます。

 

ServersMan@VPS サーバーはとりあえずこれ

SQLitePostgreSQL DBMSは選定中

GitHub ソースコード管理はこれにしよう

Qiita 情報収集源

Google Charts グラフ表示機能を実装する予定

Three.js@WebGL 3D表示機能も実装予定

jQuery ユーザービリティあふるるウェブサービス

HTML5 CSS JavaScript まぁ基本でしょう

 

かっこよさげに並べましたが、どれもこれも半年程度学習しただけで、中途半端な知識しか持っていません。

もちろん実装経験ゼロです。

 

先が思いやられますね。

サーバー選定とスケールアウト#3

どうも、超初心者です。

まだ3記事目なんですが、嫁の邪魔(かまちょ)が入りました。

嫁が不在の休日もあるので上手くそういう時間を活用してウェブアプリ作っていきたいですね。

 

あー早く作りたい! どうやったらいいか全くわかりませんけどね。

 

サーバーを契約しました。

ServersMan@VPSと言うところにしました。

月額500円弱だった気がします。

ウェブアプリなんだからある程度自由度の効くサーバーでないとね。

 

え?どうせウェブサーバーとメールサーバーとPHPPerlRubyあたりが使えて、DBが動けばいいんだからもっとハードルの低いのにすればいいって?

無料でもあるって?

 

確かにそうなんだけど、細かいことを気にしない部分と気にする部分のメリハリをつけて行こうと思います。

 

サーバーは基本中の基本だから自分でOSにサーバーソフトやミドルウェアをインストールできるようになりたいですからね。

 

ServersManは一番やすいプランにしときました。

まだ出来上がるかどうかも分からないんだから、出来上がってから性能アップしていきましょう。

こういうのをスケールアウトっていうんでしょ?

 

なんか、言葉遣いだけはソフトウェアエンジニアっぽくなってきたって?照れるなあ。

Proへのアップグレードについて#2

 どうも、超初心者です。

 

はてなブログを使うのも超初心者の僕です。

せっかく独自ドメインは取ってあるのでProへのアップグレードをいずれするのですが、2年プランで月額600円なんですね。1か月プランだと月額1000円ですかいな。

絶妙な料金設定ですね。300円なら即契約しましたけどもう少し軌道に乗ってからということで。

はじめまして#1

この界隈の人たちはHello Worldというのかな。

どうも、超初心者です。まだ著者名も決まっていません。

 

何をどうやったらウェブサービスを作れるのかさっぱりぴーのぽーですが、

ウェブサービスを作ってみたくなって半年くらい勉強していました。

どうせならちゃんと完成させたいですからね。

 

ウェブの基本的な仕組みや、サーバーの種類、プログラミング言語スクリプト言語の種類と特徴、データベースとSQL、ソフトウェアの開発工程、必要な道具、ネットワークの基本的な知識等々は学習済です。 

 

あと先走って、専用サーバーと独自ドメインも用意しています。

このブログもそのうち独自ドメインに引っ越す予定ですよ。

 

なになに?超初心者にしてはやるなーって?

これくらいの準備がないと上手くいかないと思って周到に準備しましたから。

けど、どうやって始めたらよいか悩んで、これだけ用意したのに最後は「ま、やってみるかな?」という軽い感じではじめることにしました。

 

そうそう、何から手を付けて良いのかは分かりませんが、作るものだけは決まっています。(後日発表します)

 

 社畜リーマンなので、サンデープログラマーになりますし、嫁がかまってちゃんなので、開発時間はそう多くは取れません。開発効率を意識していきます。

 

このブログはモチベーション維持と作業記録用に使っていきます。

どうぞ、よろしくお願い致します。